30男のギャンブル借金転職日記
気が付くと30半ば、、、振り返ると自分の人生は借金、ギャンブル、仕事しかない。生活を立て直したく借金返済に励む30男の独り言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
止められた
手紙の通知では10日までに支払わないと随時止めていくと書いてあったけど、
とうとう止められました。


携帯電話の料金も払えないほどの金欠です(>_<)


もうひとつ、会社の電話を持っているから、仕事には影響ないけど、スマホではないのでネットが見れない。


かなり不便だけど、
しかたない。


あと2日我慢すれば、待望の給料日。
今日も昼食はコンビニのサラダのみで持ちこたえました。


昨日の出費 223円


いつもなら、飲み物も買うんだけど
100円すらもったいないので
家にあった1.5リットルの水を
500㎖の空き容器に入れて、職場に持ってきたほどギリギリの生活。


こんな事するの始めてですね。


それでも、生活がしんどいから
お金を作る手段はないかと
いろいろやってみました。


どうせ料金未払いで携帯止められるのなら、携帯電話売ってしまおうとしたら箱がない_| ̄|○_| ̄|○


質屋に入れてスグに買い戻そうと、質屋の大手【大黒屋】に問い合わせしたら
『携帯電話は買取しかしていません』
と言われるし(T_T)


最後の手段は…


闇金⁈


あかん!あかん!
それだけは、やったらあかん!
ほんとに帰ってこれなくなる。


実は昔、新聞広告を見て消費者金融だと思って訪ねて行ったとこが闇金⁈
っていう事があった。


中に入って従業員の男性が3人くらい見えた。
よく見ると全員パンチパーマ(*_*)笑


これはヤバイと思ったけど、怖くて足がすくんで動けないでいると、席に座らされ受付する事に。。。


他にも女性のお客がいたけど、店の雰囲気が普通ではない!


ヤバイ!


ふと頭をよぎったのは、

このまま騙されて契約して、

気がついたら、

元金が何十倍にもなって、

払えなく捕まって、

外国に売られて、

知らない国で奴隷のように生きるのか…


なんて考えてしまったけど


話したパンチのお兄さんは
凄くやさしかった記憶がいまでも覚えてますね。


親身になって説明してくれた。
こんなとこで、お金なんか借りたらあかん。とか
兄ちゃんはまだここに来るの早い。とか
それでも、借りたいのであれば
貸してやるけど、どうなっても知らんよ。って最後に脅された。


目が笑ってなくて、ほんとに怖かった。やっぱり本物は違うな、と^_^;w


あの時は素直に帰ったけど
いい社会勉強になったと思う。


もう少し頑張ります。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://30sukisuki.blog.fc2.com/tb.php/57-6243efa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。